スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちげき

a
もーファイルが大きすぎますってエラーメッセージが何度も出て何だよーと思ってたら書き出しの設定が30%のつもりが130%になっていたんだった。クソー不毛。
スポンサーサイト

頭脳労働

頭脳労働
昨日70枚の消しゴム終わったばっかなんで。分けてやればいいんですけど、なんかそんな気にならず毎回60-70P一気仕上げ。結果アホみたいに単調な作業が続くんですけども。手も痛いし。でも分けると-途中で展開とか手を入れたくなっちゃいそうなんですよねー。

アシ時代は責任なくてお金は貰えて好きだったんだけど(笑)今は一番イヤ。どこどうほじくっても「面白い」余地ゼロ。消しゴムかけだけはどう転んでもクリエイティヴな余地ないよね。

その昔アマ時代に高校生の弟が「消しゴムなら手伝ってやる」ていって、2,3枚でくじけたくらいハードなんだよ、これは(ヤツがこんじょなしなだけって話もあるが)

べぼん

bebon
基本的に「漫画読まない人」って親位しか身近にいないので、こういう話をすることもなく(親とは漫画の話は一切しない)、なので時たまびっくりすることがあったりする。世界が狭いんだよね(笑)・・・そりゃそうなんだけど、彼女の場合は、広い意味で「業界人」なので、より一層おどろいちゃったりしたんだね。

いや、それまで、この感覚は日本語ならでわのもので、マンガと関わりなく日本語を母語にする人なら分かることだと思ってたんですよ。「とぼとぼ」とか、そのへんの擬態語の延長にあるものだと思ってたから(てか、あるよね?)。しかし意外とそうじゃなかった…のか、彼女が特殊なのか。

ちなみにこの人の旦那はコミック編集者でマンガも好きなオタク。日本語ペラペラ。彼に聞いたらどうだったか...接点があまりなかったので機会もなかったけど。この時は同席していなかったんだよね。

シスター

シスター
間飛び飛びだからさ、「ポプラ社伝記マンガの話ばっか」て感じでもないと思うんだけどさ、この4コマまとめ描きしてる時は伝記マンガネタばっかだったわけでさ。
だからどーなのさ、ってネタで、でもってついこの間までは「騎士の鎧ってナニがどうなってんだ!?(馬も)」な世界だったんだよな。

その問題のブツは右カラムにリンク張ってありますんでよろしかったら是非w。まー児童書だから、書店で立ち読みも出来るデス。結構入荷しているらしい、大手ではあるからかな。もし手に取ることがあったら、是非隅々まで見ていただきたい。いろいろありますんですw

でもって今はマンガ学校のFacebookページ作りで意味不明のアプリサービスと格闘。とりあえずやってみて「直感的にわかる」まで「わからない」から試行錯誤の連続でねー^^; イヤ本来一介の講師(になるかもしれない→生徒さん集まったら)がする事じゃないと思うんだけどね、そゆ事まめにする人もいないみたいだしね、英語する人も当然いないしね。そういうことなら、好きなようにやってみたいとかも思うしね。出来たばっかの学校のさらにニッチにはまろうってわけだからかなり融通が利くとみているんだよね(違うか…!?)

PCでマンガかくとゆーこと

PC

続きを読む

プロフィール

谷沢直

Author:谷沢直
デビューは小学館「コロコロ」。少年漫画でデビューしたはずでしたが、その後小学館「ちゃお」で描いてました(大昔だけど)。ウェディングピーチとか。 現在は海外で細々やっています(英語がね~^^;)。
なので目下メインは英語、特に今はアメリカ。

Go Go Nao-P!
英語版でウエディングピーチコミックスのおまけ四コマ「がんばれももピー」が"Go Go Momo-P!"だったので、タイトルはそこから(笑) 直ピーってのは当時も今もたちばな真未以外は使わない呼び方ですけども、「がんばれももピー」はお気に入りだったので、これ。四こまエッセイみたいなモンです。

活動状況
ほとんど英語ですが^^;
MIZUKI
昔ちゃおで描いた短編2連作(当時のタイトルは「ゴーストハンターMIZUKI」でした…)
現在アメリカのデジタルマンガ社からネット配信中↓

この後真空地帯その他も続けるかも知れない、ということで、怖さ半分期待半分です。
その「真空地帯」(オリジナル同人誌全12巻)・「MIZUKI」(パート1)はHPにてネット通販しております↓

 

カテゴリ
最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。